上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先の事は置いておいて。



今回はショット編からの流れで、

"パター編"に行こうと思います。

せっかくなので疑問をあばいていきます。



先日の試合もやはりパターに苦しめられた様子。



まず以前言った事。

・ 首の位置
・ 不安等感情を引きずらない
・ 入るという思考

でした。


じゃ、ぶっちゃけちゃうと、

何でここまで入らないのか?

それは、

"生きた球"が行ってないから。

と思います。


生きた球と言えば、

野球じゃ体重の載ったスピンの効いた球。

ゴルフのドライバーとかじゃ、

2段3段と球が伸びて行くさま。

じゃ、パターは?です。


くぅちゃんのパターはピンに対し、

コツン→コロコロ→ヒョロヒョロ→ポテ。

有村さんは逆に、

ガツ→スー→ズドン。

そんな感じ。


すでにパターで球の伸びが違う訳です。

でも、芯を食ってるのに、

何でそんな違いが出るのか?



そこが垣間見えるのがルーティーン。

くぅちゃんは四方から確認。

さらにスイングを確認。

でも、有村さんはまんま行く。

それは人それぞれだから別に良い。

けど、そこで何が一番違うのか?

有村さんはピンと球を正体して、

必ず一間空ける。

そこがポイント。

その一間に呼吸を使って脳波を整えてるんだね。

いわゆる、

感情を排除して思考を明確化する訳。



以前のさくらちゃんの力水の話。

胃を冷やす事で脳を沈静化させる。

それも当然なんだけど、

有村さんのも納得。



要は、

どんな球であれ生きた球が行かないと入らない訳だ。

特にゴマカシの利かない繊細な動きであるから、

脳の使い方も大切。

だって。

針の穴に糸を通すのと同じ。

焦れば入らないしね。

特にくぅちゃんの場合、

調子が悪いとギャラリーのちょっとした動きも気になってしまう。

そんなギャラリーも悪いんだけど、

くぅちゃん自身も集中の意味を履き違えてるんだよね。

すでに雑念に支配されてる中で、

集中が生まれる事はあり得ません。



ここでちょっと別な目線。

じゃ、何で、

アマチュアの頃はバーディあんなに取れたんでしょ?

体格、技術、経験。

全てにおいて今の方が断然良い。

けど、

どうしてこんなに差があるんでしょう?



多分、答えは、

アマの頃はただ楽しかったから。

余計な事を一切考えてなかったから。

と思われます。

一打に全てが左右されるプロと違い、

良くも悪くも気持ちで押せるゆとりがあったからこそ、

"思考"がシンプルだったのかなと。

前の映像がないのが残念だけど。


その点からすれば、

確かにあの頃と今では、

パターの球筋に明らかな違いがある。

今じゃロングパットが入る気しないけど、

あの当時は結構入ってたんだよね。



長々となりましたが、

ここで総括。



技術的には何も問題ないと言う事。

これは間違いようのない事実。


あとは"心"の問題という事です。



マイナスなイメージを作ってしまうなら、

パターの練習なんかしなきゃいいんです。

打つ位なら正体して、

しっかり"入る思考"を作りあげるべきです。


極論を言えばね。



ゴルフは間のあるスポーツです。

サッカーと違って90分と時間が決まってる訳じゃなく、

瞬時に何手先まで読み瞬間的に判断行動し、全体の動きに連動するって訳じゃない。

競技時間が実働時間よりオフザプレーの方が長い。

野球もそうですね。

オフザプレーが長いという事は、

それだけ準備が必要なスポーツな訳です。

体をその瞬間に最大のパフォーマンスするための準備。

プレーに最大の集中を向ける準備。

その準備が間のあるスポーツにはとても重要です。

でも、その準備はプレーだけで身に付くものではない。

だって、実働時間は少ないんだから。

競技以外の所にも、

多大な影響がある訳です。

なにせオフザプレーの方が長いんだから。

日頃の生活や習慣の中に必ずヒントがある訳です。



日頃、愚痴ってばっかとか?

日頃、人当たりが悪いとか?

わがままばかりで人の事を考えないとか?

毎日を楽しい、幸せと感じられないとか?

不徳の致す所ってやつです。


そう言った部分がオフザプレーに出ちゃう訳。

なにせそれが日頃なんだから。

そう言った部分もゴルフをしていく上では考えなきゃいけない事です。

食べるのも大変。筋トレもキツい。

けど、

最終的には"人がやる事"という事は忘れてはいけません。

ゴルフが特別じゃなく、

プロが特別なんじゃない。

所詮、人がやる事なんだから、

人間力がないといけないですよね。

徳を積まないとね。



脱線してしまいました。




じゃ、

集中って何って話です。

それは多分、

脳内のアルファ波とベータ波が、

バランス良く保たれた状態。

と言えると思います。


感情に支配される。極度に緊張する。

これはベータ波に支配される訳です。

それから体を守ろうと、

呼吸が浅くなり血流が低下、

体が冷えドンドン固くなる訳です。


知っての通り、

アルファ波はリラックスしてる時に出ます。

緊張とは無縁ですよね。


このバランスが良い選手たちが、

ベストパフォーマンスできるし、

金メダルであり王者な訳です。



試合の中でそのバランスを作り出す方法が、

"呼吸"です。


まさに、

まず軽く吐いて、

鼻から大きく吸って、

口から腹の底の空気まで全部吐く。

腹式呼吸です。

その際には、

"吐く。吸う。吐く。"

だけ。

他の事は一切考えません。それだけ。

そうやって作り出した上で、

"入る。"とシンプルに思考を持ってく訳です。

脳内のアルファ波のおかげで、

体もスッキリ動くはず。

ベータ波も抑えられてるから、

余計な考えも起きにくい。

その上でパターを打つ訳です。


"生きた球"が行かない訳がない。


腹式呼吸は日頃からできる事。

これが瞑想の入口でもある訳だし、

思考を一度切り離す事も大切です。


ま、

長くなりました。



そんな所ですね。




だから、

そろそろ、

俺の所に来ればいいのに。






ではでは。
スポンサーサイト
2012.07.23 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。