上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑



ちょっとどころかすごい疑問。


この画像しっかり出てる。


ちょうどインパクトからフォローに入るシーンの瞬間。


まず、

左脚はしっかり壁ができてる。

で、

すでに右脚は伸び切ってる。

が、

仙骨はティーと平行のまんま。

微妙に骨盤が動いてるだけ、


じゃ、上。

すでに右腕が内旋し切ってる。



って事は、

トップで貯めたエネルギーは、

どこで消費されてるの?って話。



右脚が伸び切った状態で仙骨が動いてないという事は、

右脚の力が背骨に伝わってないって事。

で、内旋しきってるって事は、

腕の振りだけでスイングしてる証明。



じゃ、どうしてそう言えるのか?



それは首の位置。

極端に低い。

アイアンよりも長いクラブ振ってる。

にも関わらずあまりに低い。


見て分かる通り、

肋骨がしなりまくってる。


仙骨がそのままで首の位置が低い。

すなわち、

背骨が歪んでエネルギーのロスをしている。

コマは軸がしっかりしてるから廻る。

でも、

この画像には1本の軸がない。

胸椎から上と腰椎から下の、

2つの軸があって別々に作用してる。



だから、

ティーショットがぶれてるんだね。



この画像では右上部が完全に縮んだ状態。

これじゃ壁があっても脚の力は伝わらない。

右脚の力が打つ方向に向かう。

左脚が制御する。

だから、仙骨が廻る。


背骨に歪みなく自然体であれば、

仙骨→腰椎→胸椎と力が伝わる。

第一胸椎と胸鎖関節に力が伝わり自然と腕が振れる。

で、

左脚から跳ね返った右脚の力が、

右の広背筋・腹斜筋に作用する。

背骨のねじれパワーと跳ね返りパワーで、

右肩がググッと入る。


という事だと思うんだよね。


でも、

これだとどこも連動してない。


多分、

もっと楽に。

もっと遠くに。

もっと正確に。

飛ばせるようになると思うけど。



やっぱ首の位置は重要。

それと前はもっと脚を意識したスイングだったのに、

なんでそうしちゃったんだろ?



で、

このスイング。

とても不安な要素がある。

それは、

"頚椎ヘルニア"

それと、

"胸郭出口症候群"

これだけ首が下がり、

強烈なスイングをする訳。

頚椎胸椎の移行部の負担は相当。

何かの弾みでグキっとなっても仕方ない状態。

まして、

あれだけ縮んだ状態で振る訳だから、

肋骨への影響は確実。

まして腕が中心になってる訳だから、

首・鎖骨・肩関節のバランスがとても悪くなる。

腕のしびれ、血流の悪化。

腕の可動障害。

とか心配になる。



だから、

アゴ締める必要もあるし、

首を上げてもっと脚を意識した方がいいと思うんだけど。


って、

前やってたじゃん。




ではでは。
スポンサーサイト
2012.07.16 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。