上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
予定通りと言っては難ですが、

全滅してましたねぇ・・・


ま、そりゃ、そうです。

仕方ないです。



で、

昨日、初めて客室でやったんですが、

もう、そりゃあ、大変で。

ベッドが低すぎるは、

圧は逃げるは、

同側からしかできないはで、

もう、まいっちゃう。


ずっとハーフスクワットの状態で、

しかも、腕が体から離れた所で圧をかけるから、

肩が痛いは、

足腰がくがくだは、

なーんだか、一夜にしてボロボロです。


よく世界陸上とかで、

選手がホテルの部屋でマッサージ受けてるの見ますが、

ありゃ、大変だ。


話は変わりますが、


世の中、止まった球を自在に操るなんて、

本当に難しいもんです。

動きまわった球を何とかするのも大変なんだから。

ゴルフなんてよく考えたもんだ。

と思います。

が、

もう1つ。

止まった球を自在に操るスポーツがあります。


”スヌーカー”

です。


ビリヤード台よりも一回り台が大きく。

ビリヤードよりも一回り球が小さく。

ゴルフボールより一回り大きい。


何にせよ、まずはこちらを。


http://

http://



いきなりマキシマムブレイクから。

それもスティーブン・ヘンドリー。


得点が、

赤球をポケットして、色球をポケット。

で、また赤行って色。

赤球が全てポケットされたら、

得点の低い色から順にポケットしていきます。

その都合、個人で最高に得点できるのが、

147点という事になります。

なので、

マキシマムブレイクって訳です。


100点越えはセンチュリーブレイクです。


ちなみに、

得点がそうだけに、

持ち点と台上の残り点を見て逆転不可能であれば、

サレンダー(降りる)もあります。


上の映像でも約12分。

マキシマムでもかなり早い方です。

1ゲーム結構な時間かかります。

あの小さい球をどんなに離れていても正確にポケットする

レベルだけに、

セーフティーの技術も半端なく、

掛け合いになったら、そりゃもうって話です。

そんな、

バチバチした試合もいつか載せられた良いんですけどね。


とにもかくにも、

実に奥が深い競技です。

そのコントロール、どういう事?

そんな所、行けんの?

そこ、通ってるの?

そんな針の穴を通すプレーがいっぱいです。


本当、これを載せるためだったんです。

改めて見ても、

信じられない!

本当、

アメージングとは、まさにこの事。


ちなみに、

さっきは12分です。



では、

ロ二ー・オサリバンのマキシマムブレイクを。


http://



アナウンス通り。


アメージングでセンセーショナルです。


5分20秒なんて軽く上回る世界最速です。




ではでは。
スポンサーサイト
2010.12.14 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。