上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本当に世の中うまくいかなもんです。

まさか、

このタイミングで、

もう一人辞める人が出てしまいました・・・


俺の体も全然回復する気配が無く。

むしろ、ダルくなる一方。

8月から戻してみようと思っていたけど、

当面見合わせの状況です。

やる気とは裏腹に体が動かないんだもん。

自分の体の心配で手一杯なのに、

この体にムチ打ってやらないといけないのか。

という新たな心配事で、

もう気を失いそうです。

幸いな事に8月いっぱいは残ってくれるそうなので、

俺のリミットはあと1カ月です。

この1カ月で全快しないと、

あとはもう壊れるだけ・壊れたままです。


間違いなく、

今回も俺の件が一枚噛んでます。

そうだよな。

こんな状況を親御さんに話したら、

普通、働かせられないよな。

自分の子供が何の保障もなく、

ただ壊されていくだけなんだもんな・・・



思ったんですが。

もう変革が必要な時期にきたんじゃないかなと。

そう、

”We Need Change."

です。


これ以上ただ壊されてたまるか!

そんな感じです。


全ては現ナマが必要な事だし、

やってすぐ効果のある事じゃないですが・・・


まず、従業員・スタッフを守る事。


やはり源泉は何とかすべき。

一人で全部やろうとしないで、

経理は奥さんにお願いして、

特殊な仕事は税理士に頼む。

社会保障が何も無い所だけに、

最低限、そこはやってあげないと。


給料から休業補償分を天引きする事も大切。

お店の仕事で体を壊したのに、

こんな所だけに労災なんてある訳ない。

休んだら収入は全くなくなるし、

おまけに、入ってくるのも遅い。

だったら、

財形とはまた違うけど、

ある程度積立した上で、

いざという時のために引き出せる用意は必要。

結局、雇い主として何もできない訳だから、

せめて、それ位はしてあげないと。

同意が必要な事だから何とも言えないけどさ。

ただ、何事もなく退職する場合は、

退職時に満額渡すと。


給料のベースアップは当然の事です。

ただ、全員にって訳じゃなく、

払える人・出せる人には惜しまない。という事。

世の中、良い人材なんてそうはいません。

そういう人を囲う為にも実弾は必要。

それがお店の評価な訳だから重要な事です。

低い人にだって、時にはニンジンを。

”努力賞”なり”敢闘賞”なりを、

時に応じて、一言添えて包んであげればいい。

働いて生活がある以上、身を削って働く以上、

言葉だけじゃダメ。

それに対する評価は実弾じゃないとね。



それとスタッフを守る上でどうしても必要。


新たな人材の育成です。

やはり、もう自前で人を育てないといけない。

今ある技術を下の人たちや次の世代につなげないといけない。

体が動かなくなってからじゃ遅い。

体が動く今だからこそ、

まだガッツリ施術できる今だからこそ、

しっかり見せて伝えなきゃいけない。


確かに、

現場に入って自分で考えてできるようになる事。

それに対して勉強して少しでも知識・技術を上げる事。

すごい重要な事。

だけど、

ある程度同じ技術を使っていれば、

お客さんの受け渡しもスムーズな訳だし。

その中で各自が独自に技術を習得すればいいんだし。

お店にスタッフがあふれる事になるかもしれない。

けど、そんなに甘い世界じゃない。

良い人はお客さんから可愛がられ、

できない人は煙たがれていく。

才能じゃなく、

努力の差がお客さんの数にはっきり表れる。

だから残るし、廃業する者も出る。

それでいいんです。

でも、

そういう競争ができる状況にするには、

先の通りに、

スタッフを守ってあげられる環境にしないといけない。

残ってもご飯を食べていけないんじゃ、

本末転倒もいい所。



新たな人材を発掘育成した中で、

厳しい状況に耐え残った人にお店を任せればいい。


いつになるか分からないけど・・・


どちらにしても、

全てを頑張りきるにはもう限界です。

俺も前のように動かないし、

いつまでも手助けできないでしょう。

一生、一緒に仕事する訳でもないでしょうし。


きっと分かってる事なんですよね・・・


結局の所、

本体がどう思ってるかです。

テナント・人は変わりがきく”消耗品”

と思ってるかもしれないですね。

スタッフを守り人材を育成するには、

家賃を下げてもらうしか手が無いのも事実。

このまま行けば、

そう遠くないうちにウチらが滅んでしまう。

そうならない内に、

どっかでケジメをつけないといけないと思います。



家賃を下げて共存共栄か。

成す術なく撤退。他で開業か。

以前と同じ事はもうできない状況です。

それは誰しもがです。

もう考えて実行する時がきたんじゃないでしょうか。



ではでは。














スポンサーサイト
2010.07.30 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。