上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日はナンヤカンヤありで、

でも、結局の所は暇で・・・

で、珍しく日曜の夜にTV見れたので。



”エチカの鏡”?だっけかな?

タモリさんがやってるのって。

すっごく興味のある事やってたので、

忘れないうちにやっときます。


結局、ここに載せた方が、

紙やノートに書くよりよっぽど見るんだよね。



”子供の才能を高める方法”


前出で色々あったんですが省略。

今をときめくトップアスリート達。

その中でも天才と呼ばれる人達を育てた

ご両親には共通点が数多く存在するそうです。

メモを起こしながら、

意見も言いながらやって行きます。


① 幼少時から足裏を刺激する。

※ 刺激を与える事で脳の運動神経が活発になるそうです。

確かに頭から一番遠いし、子供の弱点でもあるもんな。

親が押さないにしても、

運動の中で刺激を与えるような事をする。と。

そういえば、

ブラジルとか裸足でサッカーやってるもんな。

じゃないにせよ、

反射区もあるし、

足裏・指の筋肉・関節がこの時にしっかり刺激できれば、

有効に使える事に間違いないよな。


② 怒った事がない。 むしろ一緒に遊ぶ感覚。

※ この時電話対応であまり見れなかったんですよ・・・

”褒める”って事ですよね。

実は、褒めるって事はスゴイ難しい事なんです。

なぜなら、言う本人も、

一緒に体感してるか、

楽しんでるか、

共感できるか、

共有できてないとできない事。

ただ言うは、まず、バレます。

”コイツ、見てねぇ、興味ねぇ”ってね。

遊んでるからこそ、褒められる訳で。

怒らないにしても、

じゃ、なぜ悪かったのか、どうするべきだったのか。

という事を考えさせる事はできますよね。

悪かった事に対して、対処の事例を数多く思わせる事が、

後の引き出しの多さや、決断力につながるのかな。

ケガにつながる中途半端や危ない事。人様に迷惑を掛けるような時は、

ビシッと怒るべきだとは思います。


③ 両親のどちらかがそのスポーツが好き。


もう、これは言うまでもないですよね。

まず好きじゃなきゃできないですよ。

自分が好きだから、子供も興味を持つ訳だから。

だから、スポーツじゃないにせよ、

勉強、芸術、他もろもろ。

親が好きなものを子は見てる。

興味をどう持たせるか?じゃないですか、まずは。

連れてく分にはまだしも、

嫌なのにやらせてる内は先はないですよ。

子供が興味を持って進みたいから、

”お前も好きか。じゃ、一緒にやるかッ!”

位が良いんじゃないでしょうか。


④ 目標設定は実力の10%上


そうですよね。

出来ない事押しつけたって仕方ないんですよね。

手に届く範囲のちょい上をまずできるようにしないとね。


目先の目標。ちょい先の目標。もっと先の目標。

ですよね。

1つできて、別の1つができて、足したらちょい先の目標。

ちょい先目標同志足してけば、もっと先の目標になる。

必ず物事はつながってる訳だから、

まず、そこを理解して、今できる事を1つずつです。

人は習得するスピードがそれぞれ違う。

だから、

常に人と比べる。比べられる。ってのは可哀そう。

けど、

時には人と競わせる。という事は必要な事と思います。

ライバル心は重要です。

やっぱ、負けんのイヤじゃん。基本的に。

でも、負ける事や悔しさは成長に必要なアイテムです。


⑤ 子供が帰宅する時間に必ず両親のどちらかがいる。 


多分、これが1番難しいでしょうね。

この世知辛い世の中。

共働きしてやっと。ですよね。

特に世のお父さん方は、

男は死ぬまで朝から晩まで働いてナンボって言われがち。

その為に早々に帰ろうものなら、

使えないヤツ。会社に奉仕のできないヤツ。

と思われちゃいますよね。

個人事業主ならそんな事言ってられないですもんね。

自分がやるしかないんだもんね。

正直、俺もこの点がすっごい良く分かるし、

多分、ここが俺自身も1番難しい所だと思います。


この点に関してはまたいずれ時が来ます。


が、俺自身が、今、言える事は、

だから今こうしてる訳で。

あえて時間を作ってる訳で。


嫁の夢が一家の夢となり、

夫が育児に家事にと奮闘しつつも、

妻は宇宙飛行士になり宇宙へ旅立ったとさ。


と、今はこんなご時世でもあります。


ま、やってできない事はないって。


⑥ 両親の仲が良い。


もう、これに尽きますよね。

だって、この流れ。

二人の仲が良い事ありきに子が入った。

みたいなもんだもん。

言う事無し。



TVでも言ってましたが、

こうして接していられた時が、

1番幸せだったそうです。

その時しかない訳ですからね。

いずれも大変そうに見えますが、

結果的には自分たちの方が楽しんでいたそうです。


今しかないその時を今楽しまないでどうする?

親が楽しまないでどうする?

って事です。


才能を早く見抜いて愛情をたっぷり注ぐ。

それが重要だそうです。



長くなったので、

今回がこの辺で。

まとめ清書 終了。



ではでは。













スポンサーサイト
2010.05.24 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。