上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
”日常”もネタがクリスマスだったりと、

もう最終回が近いんだな~

と思いつつ、

昨日、

”仮面ライダーOOO(オーズ)”

も最終回となりました。


いつまで残るか分かりませんが、

とりあえず貼っときます。


まずはご覧を。


http://
http://youtu.be/7FbW2d0LkVwhttp://


http://
http://youtu.be/FGk-dXp4Mpshttp://


最終回だけで言えば、

今までの作品の中でも1・2を争う出来だと思います。

余計な伏線もなく、

何かを先に含ませるような表現もなかったし、

本当、スッキリで良かったです。


ま、見てはいたんです。

が、あまり取り上げませんでした。

その理由として、

何が何だかよく分からない。

という事です。

どっかで話が通じるかな?

と思いながら見ていたんですが、

結局、この日を迎えてしまいました。


個人的には、

後藤さんの成長記みたいな見方をしてました。

最後の最後まで、

火野映司というキャラを理解できずでした。


また1から見直せば、

かなり違うんでしょうね。



簡単に言えば、

”生”と”無”

その間にある”欲”

という事なのかなと。

最終回前半の、

鴻上会長とドクター真木の話が全てだったのかな。

と思います。



まあね。

人は生まれた時が一番幸せなんだって。

それから宿命というレールに乗って、

死に向かって生きて行くんだと。

いくらある程度決まってるとはいえ、

やっぱり幸せになりたいし、

良い人生だったって終わりたい訳じゃん。

だから、

そう言った意味では、

あの二人の考えはある種、

対面同士の究極な考えなのかもしれません。


欲しかないグリードも、

完全体になっても結局は欲望を満たす事ができず、

慣れの果てが、

あの”ガメズルコンビ”の終わり方。

人も結局、強欲なままでは終わりは惨めなんでしょう。


その点、逆に、

アンクは欲しかないのに欲を失い。

それでも絆を手に入れた。

欲しかった命は手にできなかったけど、

全うする事はできた。


うーん、深いなあ。


映司が欲しかったものって、

”力”って何だったのかな。

まだ俺にはちょっと分からない。

でも、

手を伸ばせは手にする事ができる。

うーん、なんだろう?

言い方難しい感じです。


伊達さんはずっと、

一人で背負い込むな!と言っていた。

そしてラストも、

誰にも頼らない事が強い事じゃない!と言っていた。


もしかすると、

そこでピンと来ない俺、

俺自身、そこに気付いてないのかもしれません。

ある意味、

俺も火野くんと同じなのか?

だとすると、

そこに気が付く時が来るのかな?

そっか。こうすればいいのか。

と思えるようになるのかな?



結局の所。

俺がこの話にずっとピンと来なかった理由って、

もしかすると、

ただ何かが漠然としてて、

自分でどう手を伸ばしたらよいか分からない。

でも、そこすら今イチ分かってない。

そんな部分が似てるから、

俺も何となくボンヤリとしか見れなかったのかもな。



ある程度、時が経ってから、

もう1度見直すと、

この話の本質が見えるようになるかもしれません。



本当、

Wに続いて、なかなかでした。




ではでは。









スポンサーサイト
2011.08.29 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。